肌への負担が一番少ないと言われているのがミルクタイプのクレンジング剤です。ですがミルククレンジングは、オイルクレンジングよりも洗いあげる力が弱いため、洗い残しが出やすいという欠点があります。

洗いあげる力がそれほど強くないミルククレンジングで毎日の洗顔をするために、洗顔の手順に一手間加えているという人もいるといいます。ダブル洗顔といって、クレンジング後に、洗顔料を使ってもう一度顔を洗うという方もいます。メイク汚れが顔にこびりついたままでは、毛穴からの呼吸ができなくなって、にきびや肌トラブルなどの原因になってしまいます。洗い残しが気になるばかりに、洗顔をしすぎるのも肌の油膜を落としてしまい、乾燥しやすくなるので度を過ぎた洗顔は禁物です。ミルククレンジングは洗浄成分が弱いので、使う量が少ないとクレンジング力が落ちて、肌の上で滑りが悪くなったり、ざらざら粉っぽくなったり、ミルク感が無くなる感じになります。ミルククレンジングを使う時にも、肌をごしごしこするのは避けたいですし、二度のクレンジングをすると余計に肌に負荷がかかります。思い切って、多めのミルククレンジング剤で洗えば、一度のクレンジングでメイクが落とせます。適切な方法でクレンジングケアをしたいならぱ、クレンジング剤の取り扱い説明所を見るといいでしょう。洗顔が終わった後は、化粧水や美容液を使って十分に保湿ケアを行うことが効果的です。特に肌の弱い人はクレンジング剤も天然成分にこだわった商品を選んだほうが、肌トラブルも少なく済みますのでおすすめです。
プリミスト,口コミ